一緒に海中旅行へ行こう!
シーバルーンチャンネル
海を自在に楽しめる未来がすぐそこまで来ています。
あなたは海の中で何をしたいですか?一緒に海への夢を描きましょう。
OCEAN SPIRAL株式会社

中旅行(深海旅行)はじめます!
夢の潜水船「シーバルーン」とは

シーバルーンによる海中旅行(深海旅行)の実現に向けた想いを、オーシャンスパイラル代表の米澤 徹哉が語ります。

潜水球体と一体となった世界初の船「シーバルーン」により、水深100mというロマンあふれる感動の場所へ皆様を誘います。

私たちは誰もが深海を目指せ、海を自在に楽しめる未来を実現します。

の中を楽しめちゃう
未来の「船」シーバルーンの構造を大公開

皆様が乗り込むシーバルーンの構造について解説します。

シーバルーンを母船と潜水球体に分けてご紹介し、球体構造を採用した理由やドッキング構造によるメリット、よくご質問いただく安全性についてもご紹介しますので、シーバルーンへの理解をさらに深めていただけます。

価総額1000兆円超!?
地球最後のフロンティア「海」の可能性

【海の可能性・前編】
地球の70%を占めながら、未だ数%しか解明されていない場所「海」。

海を目指した人類の歴史は古く、紀元前3世紀には、アレクサンドラ大王が潜水艇により世界初の海中探査を行った伝説から始まり、今もなお、様々なチャレンジが続くほど、海は多くの人を魅了します。

映像では、海が私たちにもたらす恩恵についてご紹介します。

の地図が完成!?
2030年「海」にパラダイムシフトが起こる

【海の可能性・後編】
潜水技術の進歩により、宇宙よりも到達が難しいと言われるマリアナ海溝が、この10年で誰もが到達可能な場所となりつつあります。

さらに、海の可能性は広がりをみせ、海中ホテルや海中レストラン、海中データセンターなどが誕生。

そして、海のパラダイムシフトが起こると言われる、海底地形図の100%完成を目指すプロジェクトも進行中です。

完成すれば私たちにとって宝の地図となるでしょう。さぁ、シーバルーンに乗り海の中の可能性を見つける旅に出ましょう。

ーバルーン誕生秘話と海中旅行(深海旅行)実現をめざした歩み

オーシャンスパイラル創業秘話とシーバルーン誕生エピソードをご紹介します。

オーシャンスパイラル代表取締役で冒険家の米澤徹哉は2016年「孫の代まで残る事業を日本発で世界に向けて実現したい」と決意し、事業アイデアを探す旅に出ました。

その後、シーバルーンを発想、事業化を目指したエピソードやTriton社との出会いから、現在に至るまでの歩みをお伝えします。