ステージプログラム

TOP > イベント内容 > ステージプログラム

8月5日(土)スケジュール

10:15~10:30 シーパラからペンギンがやってきた!
    ペンギンの魅力について飼育員がわかりやすくレクチャーします。(横浜・八景島シーパラダイス)

11:00~12:00 木村尚 氏 講演会 「甦れ!神奈川の海-東京湾の魅力-」
    <プロフィール>
1956年横浜市港北区生まれ。NPO法人「海辺つくり研究会」理事・事務局長。日本の海洋環境や東京湾の再生に尽力。主な著書は「都会の里海・東京湾」、「ハマの海づくり(共著)」など。2009年テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」で、かつての東京湾の姿を取り戻す企画「DASH海岸」に参加。横浜市から東京湾の一角を借り受け、海のヘドロを除去して干潟をつくるところから企画をスタートさせる。

お申し込みは終了しました  >

12:05~12:30 海からの贈り物ー抗がん剤や抗肥満薬リード
    海洋生物が持っていた肥満解消のアイデアを、分かりやすく「化学」します。(神奈川大学特別招聘教授 上村大輔)

12:30~13:15 未来の横浜の海を話そう!
    横浜の海を今以上にブランド化するために大学と企業とが行っている活動を、やさしく話します。
(横浜市立大学 大関泰裕、八千代エンジニヤリング(株) 石井重久・齋藤健太郎)

13:45~14:30 かながわの海
    かながわの海の自然や生物と海の生態系や環境を紹介します。(横浜国立大学 水井涼太)

15:00~16:00 木村 尚 氏 講演会 「次世代に希望を繋ぐために」
    <プロフィール>
1956年横浜市港北区生まれ。NPO法人「海辺つくり研究会」理事・事務局長。日本の海洋環境や東京湾の再生に尽力。主な著書は「都会の里海・東京湾」、「ハマの海づくり(共著)」など。2009年テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」で、かつての東京湾の姿を取り戻す企画「DASH海岸」に参加。横浜市から東京湾の一角を借り受け、海のヘドロを除去して干潟をつくるところから企画をスタートさせる。

お申し込みは終了しました  >

16:30~16:45 シーパラからペンギンがやってきた!
    ペンギンの魅力について飼育員がわかりやすくレクチャーします。(横浜・八景島シーパラダイス)

16:50~17:30 深海探査のヒミツ教えます
   
光が届かず、真っ暗で、高い水圧が支配する深海。この極限環境で、JAMSTECはこれまでどのように探査活動を続けてきたのでしょうか。有人潜水船「しんかい2000」の元乗組員が、楽しい実験も交えながら、そのノウハウをわかりやすくお話しします。
(JAMSTEC 柴田桂・大久保隆)

8月6日(日)スケジュール

10:15~10:30 シーパラからペンギンがやってきた!
    ペンギンの魅力について飼育員がわかりやすくレクチャーします。(横浜・八景島シーパラダイス)

10:45~11:30 海の工事で活躍するロボット技術
    大水深における資源開発で活躍が期待される「DeepCrawler」や作業員の安全な乗降装置としての「6軸減揺桟橋」に代表される海洋ロボット技術を紹介。ロボット技術を駆使し、海洋土木工事を担う建設会社として未来の海洋都市建設に寄与していくことを説明します。
(東亜建設工業株式会社 土木事業本部 機電部 電気グループ 岡山健次)

11:45~12:05 帆船日本丸を愛する男声合唱団
    シーシャンティ(海の労働歌)を中心に、海の歌を大らかに。(帆船日本丸・横浜みなと博物館)

12:10~12:25 シーパラからペンギンがやってきた!
    ペンギンの魅力について飼育員がわかりやすくレクチャーします。(横浜・八景島シーパラダイス) 

12:30~13:30 海の女子会
    海洋関連業務で活躍している女性が仕事や海の魅力を紹介。(関東運輸局)

13:50~14:50 上田勝彦 氏 講演会 「日本人が魚を食べる意味 ~食べてつながる海と人~」
    <プロフィール>
長崎大学水産学部在学中より漁船で働き、水産庁入庁後は、マグロ漁場開拓、日本海の資源管理プロジェクト等に関わる。
日本の「魚食力」を再興すべく歯切れの良いトークと料理で魚の魅力を伝える“魚の伝道士”。
2015年、水産庁を早期退職し、ウエカツ水産を立ち上げる。

お申し込みは終了しました  >

15:55~16:55 上田勝彦 氏 講演会 「日本人が魚を食べる意味 ~食べてつながる海と人~」
    <プロフィール>
長崎大学水産学部在学中より漁船で働き、水産庁入庁後は、マグロ漁場開拓、日本海の資源管理プロジェクト等に関わる。
日本の「魚食力」を再興すべく歯切れの良いトークと料理で魚の魅力を伝える“魚の伝道士”。
2015年、水産庁を早期退職し、ウエカツ水産を立ち上げる。

お申し込みは終了しました  >


映像上映

ステージプログラムの合間に上映します。


<映像提供>
■水産研究・教育機構
■海技教育機構<JMETS>
■横浜市立大学
■日本郵船
■横浜港埠頭
■国土交通省関東運輸局
■IHI
■海洋研究開発機構<JAMSTEC>





会場レイアウト ブース展示 ステージプログラム
船舶等の特別展示 体験ゾーン 学習シート
飲食ゾーン





トップへ戻る